SmartJar モーションセンサ

ドア検知センサ、スイッチ、傾きセンサ、モーションセンサ(赤外線検知センサ)などのセンサ出力値により、Pimaticのルール設定に基づき他のデバイスを動作させたり、メール送信、電話をかけるなどの連携動作をさせることができます。Pimaticによるセンサ出力値の組合せなど細かい条件設定が可能です。カーバッテリー(12V)での動作により車内に設置でき、傾きセンサによる盗難・いたずら防止システムとして機能させることもできます。

 

各種センサを組込んだ試作モデル

 


SmartJar モーションセンサユニット

試作モデルにはドア検知センサ、傾きセンサ、モーションセンサ、プラント湿度センサ、スイッチなど複数のセンサが組み込まれています。これら一連のセンサの中で欲しい機能だけを組込んだカスタマイズに対応します。セキュリティ用途として例えばモーションセンサによる不在時の侵入者の警告や傾きセンサによる盗難・いたずら防止対策、来客・訪問者のお知らせなどに利用できます。

Motion Sensor ON/OFF

デバイスのネットワーク設定

WiFi,MQTTネットワークへのデバイス登録は携帯またはPC端末から行います。初回起動時に装置のWiFi Managerにアクセスし、自宅のWiFiアクセスポイントとパスワード、MQTTブローカアドレス(ゲートウェイアドレス)とポート、MQTTトピックを入力します。

ネットワーク設定画面

ホーム > プロジェクト > モーションセンサ