Pimatic

ホームオートメーションフロントエンドとしてNode.js上で動作するPimaticを採用。ウェブベースであるためOSに依存せず、携帯・PC上のブラウザ上で各種操作が行えます。Pimaticで認識されたデバイス間の連携動作がルール設定により行えます。また拡張機能として、ゲートウェイGPIO制御、シェルコマンド、MQTTクライアントなどの様々なプラグインが用意されておりホームオートメーションに必要な機能をほぼ網羅しています。

 

 

PCフロントエンド

 

携帯端末フロントエンド

 


ウェブフロントエンド

デバイスのコントロール、デバイスの追加、ルール設定、センサ出力値を既存のブラウザから操作・確認します。デバイスの種類や部屋毎にグループ分けをして接続デバイスを一括操作、センサのステータスを確認することができます。ON/OFFボタン、スライダー、+/-ボタン、カスタマイズできるメニュースイッチなど認識・操作しやすいデザインです。


ルール設定

Pimaticによるタイマー・機能拡張プラグインとLED照明、センサーデバイスとの連携により様々なルール(動作)を定義することができます。タイマーまたはセンサデバイスとLED照明との連携による指定時間のON/OFF制御、センサーデバイスと機能拡張プラグインとの連携によるメール送信、電話コールなど、いつ・何を・どのように動作させるのか、多様なルール設定が可能です。


機能拡張プラグイン

機能拡張プラグインにより他社製LEDの制御やゲートウェイGPIOのカスタマイズ制御などゲートウェイ自体を拡張制御できるようになります。メール送信やLinphone電話コールなどの機能は機能拡張プラグインによります。


ホーム > プロジェクト > ホームゲートウェイ > ウェブインターフェイス